ライトノベル研究サークル向け冊子印刷

ライトノベル研究サークルが同人誌を発行する場合には、冊子内容は文章が主体になるものの、その表紙には美麗なイラストが使用されることが多いため、カラー印刷技術とモノクローム印刷技術の両方に優れている冊子印刷が求められるのです。場合によると、挿絵としてイラストが冊子内容に含まれる事もありますので、やや手の込んだ印刷形態になってしまうかもしれません。文字だけを印刷すれば良い、という考え方は、捨てたほうが良いと言えます。むしろ文字が印刷されるページそのものも、美しい文章デザインが表現されているのだという理解をしたほうが良いのかもしれません。ライトノベル研究サークルの場合には、一般的な文芸研究サークルよりも、文章構成の形そのもの、すなわち一行あたりの文字数であるとか、効果的な余白の使い方などに、こだわられる方が多いのです。特にライトノベルでは、余白の使い方も技術の一つと言っても過言ではないので、余白すなわち真っ白なスペースが、美しくないと困るというわけです。これは印刷されているのは文字であっても、そのページそのものがイラストと同様なのだという事を意味しています。イラストと同様にページ単位で仕切られているので、それなりの理解と配慮をしてくれる印刷会社に人気が集中しやすい傾向にあります。

文章主体の同人サークルにオススメの冊子印刷

文章主体の同人サークルは、なるべく格安に冊子印刷をしたいと考える場合が多いのではないでしょうか。しかし、格安さだけで印刷会社の選択をしていると、いつも購入してくれている人から不評となってしまう場合があります。その代表的なものと言えるのが、紙やけ、です。紙やけしやすいと、すぐに冊子が傷んでしまったり、変色してしまったりして、古臭くなってしまうというわけです。意外と思われるかもしれませんが、紙やけしにくい冊子と、すぐに変色したり破れやすくなってしまう冊子とがあるのです。文章主体の同人サークルは、作品としての冊子が長期保存に耐えられることを望んでいる確立が高いとも言えます。なぜならば、おしゃべりやトークだけで話しあうだけでは満足できなくて、文章という形態で保存しているのだ、というケースもあるからです。百年色あせずに保存できる紙、というものもありますし、長期間にわたって虫の被害に合いにくい紙というものもあります。文章主体の同人サークルが発行する冊子は、配布や販売という目的だけではなく、製作者である同人サークルのメンバーにとっての長期的な保存も視野に入れているのだ、という理解をしておくのが良いと思います。長期保存をセールスポイントにできる印刷は強いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*